模索するスズメ

胃炎をきっかけに、日々の生活を試行錯誤しています。

いつものヨーグルトは生乳が入っていますか?自宅で作る生乳100%のヨーグルト!

胃炎がきっかけで、いろいろと食事にも気を配るようになったスズメです。

 

自家製ヨーグルト1

ヨーグルトが好きで、朝はヨーグルトを必ず食べています。

市販のものでフルーツがはいっているものを、よく買っていたのですが、生乳があまり入っていないので、自宅で種菌以外は生乳のみのヨーグルトを作るようにしました。

 

あなたの食べているヨーグルト原材料名を見て!生乳ありますか?

生乳100%っていうけれど、ヨーグルトは牛乳で作るのだから、生乳がはいっているのは、あたりまえと思っていませんか?

 

※ちなみに、ここでいう生乳というのは牛乳を熱によって殺菌消毒したのみの牛乳です。成分無調整牛乳生乳と、かかれて販売されています。

それ以外に成分調整牛乳など加工乳、低脂肪乳乳飲料は、手が加えられています。脂肪分をとったり、砂糖など添加物が加えられています。

 

もし、あなたのお家の冷蔵庫に、市販のフルーティな味のヨーグルトが入っているのであれば、確認して下さい!原材料名に生乳は、入っていますか?

入っていなかったり、入っていたとしても、生乳の他に乳製品、乳たんぱく質、加工でんぷんなど、正直聞いたことないものも入っています・・・。

※乳製品といっても脱脂粉乳、粉乳など乳由来のものです。

 

んー。市販のヨーグルトは生乳から作られているから、ヨーグルトと思っていたけれど、生乳はいってないんじゃん!あぁ原材料名をいかに見て購入していなかったんだなぁ~と気づきました。

 

自宅でヨーグルトを作って食べよう

確かにもとは牛乳だったでだろう、でも加工されてできたものを使って作られたヨーグルト。それが体にはどう影響があるのかもわからない。影響がないから市販されていると信じてはいる。

 

さて、これを私はこの先ずーっと毎日食べていていいのかな。という疑問も感じました。

商品自体は嫌いではない。そこで、そういったヨーグルトは、たまに食べる嗜好品にしようと思いました。

だって美味しいんだもん!(笑)

 

毎日食べる食事としては、自分で作る生乳100%で作ったヨーグルト。おやつ間隔として食べるヨーグルトは市販のもの!というスタイルに変えました。

 

ヨーグルトに必要な材料は2つだけ!

ヨーグルトを作る上で必要な材料は牛乳と種菌です。

種菌は市販のプレーンヨーグルトの菌を使うことにしました。これも生乳100%で作られたヨーグルトをなるべく使います。

※入っている菌で選ぶので、生乳100%ではないことも、もちろんあります。

 

そして温度管理は、ヨーグルトメーカーを使った方が、楽だったので、ヨーグルトメーカーを利用して作っています。

小さいころは、祖母がお風呂の蓋の上や布団の中に、鍋に牛乳と種菌を入れて作っていましたが・・・。外出している時間を考えると、家電に管理してもらった方が失敗しない。ほっておくとものすごく酸っぱくなりますからね!

 

 

フルーツなどをトッピングし、美味しくいだだく楽しみ

そして、できたヨーグルトは毎朝フルーツとオートミールと一緒に食べています。

砂糖はなしです!フルーツの甘さで充分です。

旬のフルーツをとりいれる楽しさ以外に、色あい、風味なども楽しみです。

そして美味しい!

 

自家製に切り替えたけで、自分好みのヨーグルトが作れ、とても幅が広がったような気がします。たまには人が作った嗜好品のヨーグルトも食べたくなりますが・・・(笑)

 

自家製ヨーグルト2

次は何が自宅で作れるのか、模索したいと思います!