模索するスズメ

胃炎をきっかけに、日々の生活を試行錯誤しています。

胃炎や逆流性食道炎を患っている人は注意!上腹部ではなく下腹部を鍛えよう!

こんにちは。胃炎がきっかけで、日々の運動も模索しているスズメです。

以前、胃炎がきっかけでラジオ体操をしているとお話しましたが、その他にもトレーニングをしています。今日は腹筋運動についてお話します。

下腹部を鍛える

上腹部を鍛えると、胃の不快症状が悪化する

はじめて半年ほどですがラジオ体操以外に、少しずつトレーニングをしだし、今も継続中です。

 

胃炎になるまえ、家族にお腹が出てきていない?と、よく言われていたので、ひょっとしてこれも胃炎の原因のひとつかな?と考えました。

 

そこで、内臓がドーンと出てしまうなら、腹筋を鍛えよう!

そして、実行したのです。

 

私はなんの知識もない一般人なので、当然のごとく、昔ながらの腹筋運動(わかりますか?)をしたら・・・

 

アウチ!ですよ。胃が・・・。

 

はい。失敗です

 

えぇ。お腹の上の部分を鍛えてしまったのです。

下っ腹がでているので、下を鍛えなければいけないのに。

 

昔ながらの腹筋運動は、胃の部分を折り曲げる形になるので、胃に影響が出て、逆流性食道炎の症状も出てしまいました。

 

はぁ~。ため息しか出ませんでした。

 

 

下腹部を鍛えて、ぽっこりお腹にさよならしたい!

次に、いろいろとネットの情報やら、書店巡りなどもし、下腹部を鍛える方法を、少しずつ実行しながら模索しました。

 

そして、いまも行っているトレーニングは、レッグレイズプランクです。

下に動画をつけておきます。あやしい仮面をつけておられますが、余計なしゃべりがなくて、わかりやすいです。

 

レッグレイズ参考動画


【1分で分かる筋トレメニュー】レッグレイズで腹筋下部を鍛えよう | Smartlog

 

プランク参考動画


【1分で分かる筋トレメニュー】プランクで体幹を鍛えよう | Smartlog

 

 

レッグレイズは、はじめは全くできず、もう顔を真っ赤にして行っていました。

10回・20回と増やして今では30回が出来るようになってきました。

 

レッグレイズよりプランクの方が胃に負担がかかるようで、プランクは20秒を目安に1日に3セットぐらいしています。

 

肝心の効果ですが、以前よりもちろん!お腹がひっこんできました。

いまのところ、この腹筋運動が私にはあっているようなので、続けたいと思っています。

 

【注意】胃炎や逆流性食道炎など胃腸関係を患っている方は、安易に腹筋運動をしないようにしてください。私のようにひどくなってしまわないように!

 

もしされるのなら、自分の体調にあったトレーニングを見つけてください。

それに無理にトレーニングする必要もないと私は思います。病気が悪化したら意味がありません!

心配な方は必ず医師と相談もしてくださいね。