模索するスズメ

胃炎をきっかけに、日々の生活を試行錯誤しています。

イチゴ狩りでイチゴ可愛い!と、いってもいいですか?イチゴのもつ栄養を模索。

昨日ネコのお題をアップしたばかりなのに、次はひな祭りがお題と言われ、かなりの出遅れアップだと気づいたスズメです。

 

さて、今回は「イチゴ」について模索してみました。

イチゴを見て、可愛い~。なんて言うのをためらってしてしまう年頃のスズメですが、なんか可愛いと思っています。だから言ってもいいですよね。いくつになっても可愛い!って言っても。

 

そう「イチゴ」ってやたら女子に人気があります。

なぜなのかが、模索してようやくわかった気がします。

いちご

 

いちごの栄養はなにがある?

まずイチゴの栄養について、調べました。

イチゴは、よく知られているとおり、ビタミンCがとっても豊富な果物であって野菜です。農林水産省は「果物的野菜」に分類しているらしいです。

 

なんじゃそりゃ。

 

樹になっているものが果物という考えみたいなんですけど、生産者はイチゴを野菜と扱って作っている。でも、ご飯とともに食べない、デザートとしてイチゴを食するので、どちらにも属するから「果物的野菜」というわけらしい。

 

その他の栄養は次のとおりです。

なんかよくわからない栄養素もありますが、ビタミンCに注目します。

ちなみにイチゴを4・5個食べたら、1日の半分のビタミンCがとれます。

万が一過剰にとってしまっても、過剰症の心配はほぼないそうです。

 

ビタミンCについて、もう少し模索してみました。

イチゴにはビタミンCが豊富に含まれていると、お話しましたが、ビタミンCについてもう少し詳しく知りたくなりました。

 

ビタミンCは強い抗酸化作用をもっています。

そして、抗酸化作用というのは「活性酸素を抑える力」をいいます。

とだいたい調べると書いてあります(笑)

漢字がならぶと、意味が不明です。もう少しくだけて説明してあると、非常にありがたいのですが・・・。

 

まず活性酸素なんですが、人が呼吸すると酸素を吸いますよね。

通常、酸素は体内にある栄養素と一緒になることで、エネルギーを作りだしているそうです。しかし一部の酸素は「活性酸素」という物質をつくるそうです。

 

で、この活性酸素というのは、良いやつと悪いやつがあって、良いやつは免疫力向上に役立つ仕事をするそうです。

しかし、悪いやつは、体の血管や細胞を傷をつけたりして、病気や老化をうながしてしまう仕事をするんだそうです。

(血管が傷つくことで動脈硬化、皮膚が傷つくと老化になる)

 

その活性酸素の悪いやつの力を抑える働きをするのが、抗酸化作用というのです。

 

なので、ビタミンC豊富なイチゴを食べると、病気や老化が予防できるのです。

 

さらに、ビタミンCはコラーゲンの働きを助ける働きもあるので、美肌づくりにもかかせません! 女子人気のはずですね。

 

イチゴには抗酸化作用をもつアントシアニンもある

他にもイチゴにはビタミンC以外の抗酸化作用をもつ栄養素をもっています。

イチゴのあざやかな赤色は、ポリフェノールのひとつアントシアニンといって、水溶性の色素です。

 

聞いたいたことありますか?ブルーベリーにも同じ成分があって、目に良い成分だといわれています。

なんで、良いかというと、目で物をみるときに「ロドプシン」という物質が再合成することで光を認識し、正しく物をみることができるらしいのですが、そのロドプシンの働きを促す働きをもっているのが、アントシアニンです。 漢字だけじゃなく、カタカナも並ぶとわけわからんのは私だけですか?

  

さらに色々調べはしたのですが、ややこしくなるので、後々機会があれば、お話します。あくまでも、素人が調べたものをお伝えしております。

参考サイト

意外と知らない!? 身体の酸化とは - Excite Bit コネタ(1/3)

 

はい。本題に戻りまして、簡単にいうと、いちごには、若返るかもしれない!?成分がビタミンC以外にもある!それがアントシアニンです!という感じ。

 

ここで問題なのが、アントシアニンは水溶性です。どうやら摂取してから3~4時間で排出されてしまう。体からすぐ出てしまうということは、結局は若返ることはできるのだろうか・・・。

 

常に摂取して体の中に満たしておかなければ~。

 

意識してとるべし!そして買ったら、すぐ食べるべし!

ビタミンCもアントシアニンも老化を防げる、すごいやつなんですが、すぐに消費されてもしまいます

 

ビタミンCは特にストレスがかかっているときや、喫煙によっても消費されてしまうので、常に補給をこころがけた方がよいそうです。

 

あぁ~ストレス感じた~イチゴをパクっ。

あぁ~疲れた~イチゴをパクっ。

てな感じで!(笑)

 

そして、イチゴを食するときに注意してほしいのが、イチゴのもつビタミンCやアントシアニンは水溶性。水に溶けやすい。そして光や熱にも弱い

だから洗ったらすぐ食べる!買ったら新鮮なうちにすぐ食べる!

ジャムにせずそのままで!

 

みなさん。色々調べるとイチゴが食べたくなりません?私は買ってしまいました。

それが画像のイチゴです。

では、イチゴさんいつからいつまで食べれるのかイチゴの旬もついでに調べました。 

 

イチゴの旬!イチゴ狩りの時期

イチゴがスーパーなどで出始めるのが、クリスマスの頃ですよね。

地植えのイチゴ(外で栽培されている)の旬の時期は4・5月なんですが、今はハウス栽培の技術のおかげで、寒い季節でも食べられます。ありがたいです。

 

なので、はやいところだと冬前(11月)から出始めて5月いっぱいまでは楽しむことができそうです。品種によって変わるようですが。

 

イチゴ狩りも同様で、12月~5月ぐらいまでです。

あまり早すぎでも、たくさんなっていない。おそすぎても、なくなっている可能性があるので、私は4月頃に行こうかな。

 

そうそう!イチゴ狩りに行く時間帯ってみなさん決めてますか?

時間帯で場所が区切られているところはいいのですが、昼過ぎに行ったら、午前中に来られた方がたくさんとり、少なくなっているということもあるそうです。

 

行かれる前は電話されていくのがいいですよ。予約できるなら予約した方がだんぜんよいです!特にデートでいくならなおのこと・・・。 

 

さぁ。イチゴについて色々調べてみましたが、女子人気に納得しました。

 

イチゴを食べて、若返りたいです。手軽にパクッといけますからね!(笑)