模索するスズメ

健康的な生活をめざし、手作りおやつを作っています

【手作りおやつ】しっかりとした歯ごたえ!大豆と純ココアのビスコッティを作りました。

こんにちは。子どものために、なるべく手作りでおやつを作っているスズメです。

 

今日は「大豆と純ココアのビスコッティ」を作りました。 

大豆と純ココアのビスコッティ

 

ビスコッティとは?

まずビスコッティですが、これはイタリア中部地方に伝わる郷土菓子です。

イタリア語で「ビス」は”2度”「コッティ」は”焼いた”という名前のとおり、オーブンで2度焼きされています。

 

1度焼いたものを、スライスしてもう一度焼くという手間をかけることで、しっかりとした歯ごたえが生まれ、食感や香りを深く楽しめるお菓子です。

 

イタリアで作られているビスコッティは中にアーモンドが入っているものが、ほとんどと言われています。今回はアーモンドではなく「大豆」を使って作ってみました。 

(参考URL)ビスコッティとは? イタリア伝統焼き菓子 ビスコッティ専門店 Binasce(ビナーシェ)

 

大豆と純ココアのビスコッティの材料

  • 薄力粉 80g
  • きび砂糖 10g
  • はちみつ 10g
  • 純ココア 10g
  • 卵 1個
  • 蒸した大豆 60g

大豆と純ココアのビスコッティの作り方

  1. 粉類をまぜる

    薄力粉、きび砂糖、純ココアをまぜる。
    (ココアがかたよらないようにするため)

    大豆と純ココアのビスコッティ:粉類をまぜる

  2. 卵とはちみつ、大豆を入れてまぜる

    溶き卵とはちみつ、蒸した大豆を1に入れて。よくまぜる。

    大豆と純ココアのビスコッティ:卵、はちみつ、大豆をまぜる

  3. オーブンシートの上にのせて、かたまりにする

    よく混ぜた2をオーブンシートにのせて、ひとかたまりにする。
    (イタリアではなまこ型に置くようです。)

    大豆と純ココアのビスコッティ:オーブンシートにおく

  4. オーブンで焼く(1度目)

    170度のオーブンで25分焼く

  5. スライスして、もう一度オーブンで焼く(2度目)

    切った面を上にして、130度のオーブンで裏表各10分程焼いたら、できあがり!

    f:id:vsuzumev:20180323095003j:plain

「噛みごたえのあるおやつ」を作ろう!

昔に比べ現代人の食事は、あまり噛まなくてよくなったものが多いと言われています。

 

しかし本当は、よく噛むことは、身体の発達や、病気の予防、消化を助けるなどよい効果があるので、おやつもこういった「噛みごたえのあるもの」を取り入れることは重要なはず。

 

プリンやマフィンやケーキなどのや柔らかさは魅力的ですが、そういったものは噛まずに食べられます。それに比べ、ビスコッティはしっかりと噛むことができる「おやつ」だと思います。

 

子どもの成長、健康を考え、噛みごたえのあるおやつも、家庭内で取り入れていければなと、今回作ってみて思いました。

 

子どもの反応は?

固めのおやつなので、少し嫌がるかなと思ったのですが、大好きなココア(チョコ味)、それに大豆も好きなので、しっかり食べてくれました。

 

おかわり!という声も(笑)

 

イタリアでは、ワインや紅茶など飲料につけて食べることもあるようですが、しっかりと噛んでほしいので、このままで十分でしょう!

  

 とっても簡単なので、中身をかえてまた作りたいと思います!