模索するスズメ

健康的な生活をめざし、手作りおやつを作っています

胃の内視鏡検査を受けました。

こんばんは。スズメです。

 

毎日暑いですね。

 

さてさて、久々のブログ更新なのですが、わたくし胃カメラをしてきました。

 

突然の胃炎を発症してから3回目の胃カメラですが、相変わらず胃の中は

 

陽性のポリープはあるものの、他は全く問題ないとのこと。

 

はて、なぜにこの胃は炎症を感じているのでしょう・・・。

 

不思議です。

 

とりあえず、姿勢、食事に気にかけていれば、おおよそ大丈夫なので、

 

今いただいている薬を飲みきったら一度薬をやめて様子をみてみようかと思っています。

 

【手作りおやつ】切って煮るだけ!リンゴのはちみつレモン煮を作りました。

しばらく更新が途絶えていました。

 

でも、その間もなるべく作っておりました!おやつ!

 

さて、今日はリンゴのはちみつレモン煮を・・・。

 

冷たいものを飲みすぎたのか、子供がお腹の調子が悪いとのこと。

 

本来ならおやつは食べないほうがいいのですが、食べたいというので、リンゴを使ったおやつです。 

リンゴのはちみつレモン煮

 

リンゴのはちみつレモン煮の材料

  • リンゴ 1/2個
  • 水 50ml
  • レモン果汁 大さじ1
  • はちみつ 大さじ1
  • シナモン 少々

リンゴのはちみつレモン煮の作り方

  1. リンゴを切って、煮る

    リンゴは適当な大きさに切ります。
    鍋に水、はちみつ、レモン果汁を入れて煮たたせ、その中にリンゴを入れます。

    リンゴのはちみつレモン煮:作り方

     

  2. 少し透けるまで煮る
    リンゴが少し透けてくる感じになったら、シナモンをかけて、できあがり!

     

    リンゴのはちみつレモン煮:作り方

とっても簡単!そしてとってもフルーティ!

リンゴとシナモンの香りがふんわりとし、食感は柔らかさの中にも、まだシャッキとしたリンゴの食感が残ります。

 

お口にいれたらジュワ~とリンゴとはちみつの甘さが、お口の中にひろがり、思わず

 

子供はあま~い!おいしい!と言っていました。

 

わが子は調子が悪い時も、食欲だけは落ちないのです。

 

母としては本当はおやつは控えたほうがいいのでは?と思うのですが・・・。

 

まぁ、お腹に負担がかかりすぎるものでなければ、いいかな?と急遽作りました。

 

そして次の日には、元に戻ったのかケロッとしておりました。 

【手作りおやつ】ぶどうのゼリーと甘酒と黒糖が入った!?牛乳かんを作りました。

暑い日が続いています。ちょっと動くだけでも汗が出てきますね。

 

さて、今日作った手作りおやつは、ゼリーです。

口当たりもよいので、暑い日にはこういったものがいいですね。 

寒天を使ったゼリー

 

ぶどうのゼリーと牛乳かんの材料

ぶどうのゼリー
  • 粉寒天 2g
  • 100%ぶどうジュース 200ml
黒糖と甘酒入りの牛乳かん
  • 粉寒天 3g
  • 牛乳 200ml
  • 甘酒 50ml
  • 水 80ml
  • 黒糖 10g
 

ぶどうのゼリーと牛乳かんの作り方

  1. ぶどうゼリーを作る

    鍋にぶどうのジュースを100mlと寒天をいれて火にかけます。
    沸騰したら1分間につめます。

    ぶどうジュースでゼリーをつくる

     

  2. 残りのぶどうジュースをいれる
    残りのジュースをいれてよく混ぜ、型に流しいれます。

     
  3. 牛乳かんを作る
    鍋に水80mlと黒糖、粉寒天を混ぜて沸騰させます。

    黒糖と粉寒天を水でよくとかす

      

  4. 牛乳と甘酒をいれてよくまぜます。
    牛乳と甘酒をいれて、よくまぜます。寒天がかたまるようでしたら、火を少し強くして、寒天をとかしましょう。

    黒糖と甘酒を入れた牛乳かん

  5.  

    冷蔵庫で冷やしてできあがり!
     

黒糖と甘酒を使った優しい甘さ

ぶどうのゼリーは、ぶどうジュースだけの甘さ。

 

牛乳かんは、黒糖と甘酒を使った甘さ。

 

どちらも、精製されたお砂糖は使っていません。

 

とてもやさしい甘さなので、牛乳かんは牛乳の甘い香りも楽しめます。

 

 

今日もおいしく食べてくれました!