模索するスズメ

健康的な生活って何だろう?日々の生活を模索しています。

【手作りおやつ】手作り感ありありの!?さつまいも餡のどら焼きを作りました。

どもども、スズメです。4日ほど手作りすることが出来ず、ひさびさに作りました。

 

で、今回は、前回同様、子どもが大好きな「さつまいも」を使ったおやつです。
さつまいも餡のどら焼き」を作りました。

さつまいも餡のどら焼き

 

さつまいも餡のどら焼きの材料

  • さつまいも 100g
  • はちみつ 10g
  • 牛乳 10g(餡用)
  • 薄力粉 30g 
  • 上新粉 20g
  • オートミール 10g
  • 牛乳 50ml(どら焼き用)
  • ベーキングパウダー 3g
  • きび砂糖 10g

さつまいも餡のどら焼きの作り方

  1. さつまいもをレンジでふかす

    さつまいもを適当な大きさに切り、500wで1分半加熱して火をとおします。

    さつまいも餡のどら焼き:さつまいもに火を通す

     

  2. さつまいもをつぶして餡を作る
    さつまいもつぶし、はちみつと牛乳を入れて、まぜます。

    さつまいも餡

     

  3. どら焼きの材料をまぜる
    薄力粉、上新粉オートミール、きび砂糖、牛乳をボウルにいれてよくまぜます。

    どら焼き:材料をまぜる

     

  4.  フライパンで両面を焼く

    まぜた材料を4つ分になるように、フライパンで焼きます。
    クックパッドとかをみると、自分の雑さ加減がかなりわかり凹みます。
    なぜ?あんなに皆さん綺麗な丸く焼けるのだろう??

    どら焼きを焼く

     

  5.  さつまいもの餡をはさむ

    さつまいもの餡をはさんだら、出来上がりです。

     

おやつによく入れる、オートミールについて

私はおやつを作る上で、オートミールをよく使います。

 

食物繊維、ビタミンB1、ミネラルが豊富という点もあるのですが、食後の血糖値上昇を気にしてため、取り入れています。

 

私の胃炎は、甘いものや炭水化物をとると、ひどくなることもあります。そのため血糖値がある程度関係あるのでは?と考えました。

 

ちなみに私は糖尿病の疑いはありません。

 

そこで低GIの食物は、ゆるやかに血糖値があがるので、胃炎も少し楽になるのでは?と思い取り入れています。

 

また、低GIの食物は、脳におくられるエネルギーもゆるやかになるため、エネルギー供給が安定するので脳にも良いと、レシピ本でも読みました。

ですから、子どもの脳の発達にもよいのではないかと考えております。

 

どら焼きの子どもの反応は?

ありがたいことに、おいしい。また作ってね!と言ってくれました。

 

見た目はいつも不格好だけれど、

 

味は子どもの口にはあっているようです。

 

手作りのおやつは、子どもの好みに合わせて作れるのもよい点かもしれませんね。