模索するスズメ

健康的な生活をめざし、手作りおやつを作っています

【手作りおやつ】とっても簡単!油なしで、さつまいもチップスを作りました。

私の小さいころ、おやつに「ふかしいも」ということがありました。

 

でも、今の子どもたちって「さつまいも」をそのまま出して、「おやつ」って納得してくれる子ってどれくらいいるのでしょう。

 

我が家だけだろうか・・・。

だとしたら私がそう思いこませてしまったのかな~。

 

さて、今日はそのさつまいもを使って何か簡単なものを!

 

ということで、「さつまいもチップス」を作りました。

油なしのさつまいもチップス

  

さつまいもチップスの材料

  • さつまいも 1本

さつまいもチップスの作り方

  1. さつまいもをスライスする

    さつまいもを薄く切って、水にひたす。

    さつまいもを薄くスライスして水にひたす
     

  2. オーブンで焼く
    水気をキッチンペーパーで拭き、オーブンシートの上にひろげて、180℃のオーブンでじっくり20分~30分焼く。
    できれば、パリッとするには重ならない方がいいですが、それではたくさんできないので、仕方なし。

    さつまいもチップス:オーブンで焼く

     

  3. 何度かひっくりかえす
    20分~30分の間に何度かひっくりかえして、パリッと感を出す。

    さつまいもチップス、ひっくり返す

さつまいものビタミンCは熱に強い!?

さつまいもには、100gあたりビタミンCが29mg含まれています。

(大人が1日に推奨されている量の約1/3)

 

ビタミンCは酸化されることで、失われていきますが、熱されることで、さらに失われやすくなります。

なので、ビタミンC豊富な果物や野菜は、生で食べる方がよいのです。

 

しかし、さつまいもやじゃがいものビタミンCは、熱に強いと言われています。

これは、さつまいもやじゃがいもに含まれている、デンプンのおかげなんです。

 

さつまいもやじゃがいもに熱を加えると、べたっとしませんか?

デンプンは水分とくっつくことで、糊状になります。この糊状のデンプンにビタミンCが包まれ、ビタミンCが壊れにくくなるのです。

デンプンに守られているんですね。スゴイ!

 

果物や生野菜を多くとらないと、ビタミンCは摂取できないと思いがちですが、実はイモ類を毎日食べても効率よくビタミンCがとれるということですね。

 

さつまいもを色々な形で、子どもと楽しむ

私の子どもはさつまいもが大好きです。

 

なので、あっという間に、今回のおやつを食べきってしまいました!

 

非常に簡単なので、私としても楽です。

 

スナック系のお菓子はなるべくさけたいので、スライスしてオーブンで焼く!というのは、いいかもしれないな~と思いました。

 

じゃがいもも今度してみようと思います!

 

我が家の定番は棒状にきって、オーブンで焼く。サラダにする。お味噌汁に入れる。というパターンが多いです。

 

気が向くと、芋ようかんにする、大学芋などしていますが、その他にも色々模索してみたいと思います!